仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

仏教

IT革命で働く意味

昔は、一つの専門の知識や技術に秀でていれば良かったものです。バブルの時、20世紀型の人間。今でもIT関連企業だったら、その知識があれば入れます。英語が堪能なら、その筋の会社へ。早稲田政経学部4年、ほとんど学校へ行っていません。みんなLEC…

浄土真宗の覚如上人の著作2つ

浄土真宗の3代目、覚如上人に改邪鈔という本があります。これはまさに破邪顕正の本です。邪を改めるとあるように。間違ったものを改めなければ本当の幸福になれません。 邪を破らずして顕正はできません。邪を持ったままでは絶対に後生の一大事の解決はでき…

小乗仏教と大乗仏教の違い

大乗仏教と小乗仏教とはどういうことか。どこが違うか。 小乗仏教—ききあやまって伝えられた仏教。—我利我利の教え大乗仏教—正しく伝えられた仏教。−自利利他の教え これは非常に大切なところです。ここは非常に聞き誤りやすいところです。小乗仏教に迷った…

如来とは

仏のさとりをえた人を如来とも言います。 阿弥陀如来とか大日如来とか薬師如来など、 たくさんの如来といわれる方があります。 では如来とはどんな意味かというと、真如より来現した人という意味です。 如来も仏も同じ意味です。真如より来現した人。これが…

仏のさとりを開く難しさ

さとりといってもピンからキリまであります。軍人といっても二等兵から大将元帥とあるように。相撲の世界でもそうです。ふんどしかつぎから横綱まで。 相撲ならば割と分かりやすいのは、相撲は上がれば上がるほど段々登るのが大変なんです。最後は大関から横…

ブッダの結婚

ブッダは結婚は19歳でした。妻の名前はヤショダラ姫です。このヤショダラ姫は大変綺麗な女性ですが、そんな女性と結婚できても幸せになれませんでした。 私たちもそうです。どんな人と結婚できても心から安心は絶対にできませんよ。五体満足の子供が産まれ…

どういきるとなぜいきるの関係

「どういきるとなぜいきるの関係」は誤解が多いです。阿弥陀仏の本願でいえば、なぜ生きるが18願どう生きるが19願にあたります。なぜ生きるという生きる目的がなくては、どう生きるという生きる手段、生き方は意味をなさなくなってしまいます。『なぜ生…

仏教を伝える自利利他

仏教を伝えて、聞く人が現れると自利利他です。 たとえば子供の世話を焼く、色々と気を使います。どうすればいいのかどうすれば死なずに元気に成長するのか そういうことをする為にたまごクラブ、ひよこクラブ読みながらやっていきます。 分からないと、5歳…

絶対の幸福への道のり

私たちはなんのために生きるのか。 その本当の生きる目的は、絶対の幸福の身になることです。それには苦悩の根元を破って頂かなければなりません。 それには一番大事なのが因果の道理です。まさに、三願転入の教えです。 三願とは、阿弥陀如来の18願と19…

何かが足りない不条理な人生

以前、年間CD売上ナンバーワンは浜崎あゆみさんは、沢山のCDを出したけれど当時19枚連続ミリオンセラーを記録しました。 またLDとDVDを出してみんな一位でした。 沢山の多くの人の注目を集めているその浜崎あゆみが紅白で歌ったのがシーズンズ。…

仏教で答えが出る問題とは?

現代の話の特徴は非常に話題になっている自殺が中心です。 自殺はテーマが暗い。でも自殺の話題は最も仏教にピントが合います。 リンカーンの「There is a wil lThere is a way」 孔子の「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」 というのは明るくていいん…

癒やし系の流行る原因

昔、ソニーのいやし犬にAIBOというのがでたね。これ3年前に第一号が出たとき25万円か50万円か、相当の値段をしたわけ。普通そんなの買わないでしょ。 機械の犬ですぞ。これが馬鹿売れしちゃいます。Glayのテルまで買っています。あんな多くの人から「キ…

水戸黄門と浜崎あゆみの共通点

水戸黄門といわれる水戸光圀のよんだ歌。 ただ見れば何の苦もなき水鳥の足にひまなきわが思いかな 水鳥は水の上を気持ちよさそうに歩いています。しかし水の下は外からは見えないけれど、思いっきり水をかいています。 浜崎あゆみと水戸黄門と、キャラは違う…

人生の努力は無駄?

私たちは、生まれてきた時は何ももってませんでした。私を幸せにしてくれそうなものだ、というものを自分の周りに集めていくわけです。だから私達の周りに「モノ」はたくさん増えていく。しかし20世紀がそうであったように、その縮図が私です。10年前の…

人生のゴールはあるの?

越えなばと 思いし峰に きてみれば なお行く先は 山路なりけりの歌を知っていればすごいです。 あの山を越えようと思って頑張って登るのですが、峰に来てみると、今まで見えなかった山が見えてきます。 その山の頂きに向かって登って行くと、今度はまた今ま…

自分をどれだけ反省できるか

因果応報とか自業自得がわからないと、自分も不幸ですし相手も不幸です。 禅宗の僧侶の盤珪が、暴れ馬に乗っている武士にアドバイスして、武士が自分を変えて馬を乗りこなせるようになったというエピソードもあります。 仏教が初めての人が仏教講座に来ると…

原因と結果の法則と引き寄せの法則

自業自得ということがわからない事が多いんですよね。現代の言葉でいえば引き寄せの法則なんですが。『原因と結果の法則』という本もベストセラーでした。 自分に受ける結果が善かった場合、自分の巻いた種だとガッツポーズができます。よい成績をとった。こ…

二大宗教であるキリスト教と仏教の根本的な違い

世に言う、宗教と言われるものも、その宗教によって、私たちが幸せなよい運命を受けるために教えられているものです。世界には二大宗教というものがあって、これがキリスト教と仏教です。 ところがこのキリスト教と仏教はその根本的なところで全く違った宗教…

踊る大捜査線と警察組織

踊る大捜査線って知ってる?以前、大ヒットした映画です。何でそんなに人気があったのか。それが気になるところです。 ここで一つポイントとなるところ、それが踊る大捜査線に警察組織に対する風刺が描かれていました。 警察組織。完璧な階級制度、ヒエラル…

モラトリアム的な生き方

仏教では「人生は難度海だ」といわれます。なぜそう言えるのでしょうか。 難度海とは、渡るのが難しい海ということです。 人生は渡るのが難しい海のようなものだということですが、なぜでしょうか。 まず人は生まれたときに海に放り出されたようなものです。…

正も邪も勝手に決める我が都合

正邪というのは、自分の都合によって変わります。「正も邪も勝手に決める我が都合」という言葉があります。 正しい人いい人は都合のいい人。悪い人というのは、自分の都合の悪い人です。自分を認めてくれる人はいい人、邪魔する人は悪い人です。 親鸞聖人が…

人間は考える葦である

パスカルは人間は考える葦である、と言いました。詳しくはこう言っています。 人間はひとくきの葦にすぎない。自然のなかで最も弱いものである。だが、それは考える葦である。彼をおしつぶすために、宇宙全体が武装するには及ばない。蒸気や一滴の水でも彼を…

なるべく一人にならない

仏教を求める心がけとして「なるべく一人にならない」というものがあります。 浄土真宗を日本全国に広められた蓮如上人は、「同行・善知識にはよくよく近づくべし」(御一代記聞書150)と教えられています。 連れが大事、教えが大事ということです。 一人に…

地獄の苦しみ

ブッダは必堕無間と教えられています。すべての人は、必ず無間地獄に堕ちるということです。 親鸞聖人はこの無間地獄について、八万劫中大苦悩ひまなく受くと教えられています。 一劫は4億3200万年。八万劫はその8万倍です。気の遠くなる苦しみをひまなく受…

法然上人と親鸞聖人の著作の共通点

浄土真宗を開かれた親鸞聖人のお師匠様は浄土宗を開かれた法然上人です。 弟子である親鸞聖人の任務は師匠である法然上人の御心を明らかにすること以外にありませんでした。 法然上人が阿弥陀如来の本願一つを明らかにされて書かれたのが選択集です。 お師匠…

聞法の心がけ

後生の一大事とは、死んだらどうなるかの一大事です。すべての人は必ず死ななければなりません。死ねばどんなにお金があっても、地位や名誉があっても何の関係もありません。後生の一大事の問題は、この世のものとは比較になりません。 仏教の目的は、その生…

死んだらどうなるかの問題の大きさ

後生の一大事というのは、死んだらどうなるかの一大事です。 私がいろいろな人の書物を読んでいるのは、日本は小さい国と言いながら、立派な方が沢山おられると思うのです。 後生の一大事を解決する、より近い道を教えておられる大徳があるならば、それを学…

生きる目的を確認することの大切さ

生きる上で、一番大切なこ戸は、生きる目的を確認することです。 世の中にはヒマな人は一人もいません。 普通でしたら、何の迷いもなく仕事をされていると思いますが、働く意味は何なのか。 生き方などの生きる手段よりも、もっと大切な生きる目的があること…

正信偈に何が書かれているのか

正信偈は親鸞聖人お書きになられたものです。親鸞聖人の主著は「教行信証」ですが、その教行信証をまとめられたもの、圧縮したものが、「正信偈 」です。ですから、親鸞聖人の浄土真宗の教えは、全部正信偈 の中に収まっているのです。 全部で840字で書か…

人生の目的を果たしたらどうなるか

人生の目的である変わらない幸せになったらどうなるのでしょうか? それについて日本で最も読まれている仏教書である歎異抄第七章に無碍の一道に出ると記されていす。 「念仏者は無碍の一道なり。そのいわれ如何とならば、信心の行者には天神・地祇も敬伏し…