仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

恥じる気持ち

人にみえるところだけ取り繕っていても、人のみていないところで、心でどんなことを思っているか、心をみつめていかねばなりません。 罪を罪と知り、悪を悪と知って、これを恥じる人は、上の人間。罪を罪と知らぬ人は、中の人。罪と知り悪と知って、これを改…

仏教の会合の目的

蓮如上人は、会合の目的をこのようにおしえられています。 毎月の会合の由来はなにの用ぞなれば、在家無智の身をもって、いたずらにくらし、いたずらにあかして、一期はむなしくすぎて、ついに三塗にしずまん身が、一月に一度なりとも、せめて念仏修行の人数…

法話を聞く目的は?

蓮如上人には、法話を聞く目的違いをお叱りになられた御文章があります。それが1帖目12通「年来超勝寺」です。 そもそも、年来超勝寺の門徒において、仏法の次第もってのほか相違せり。 超勝寺は今も福井県にあるお寺です。ここで仏教を聞いている人が大…

仏教講座で聞いた喜び

仏教講座に行ったとき、聴聞で何も知らされることがありませんでした、という後ろ向きになることもあるかもしれませんが、仏教講座に足を運んだということは、それだけ仏縁が深まったということになります。 それが、善知識同行に親しみ近づくと言うことにな…

信じる人も疑う人も幸せに

浄土真宗を開かれた親鸞聖人は、主著『教行信証』の一番最後に、「信順を因と為し、疑謗を縁と為し、 信楽を願力に彰し、妙果を安養に現さん」と記されています。 信じる人もいるだろう、疑う人もいるだろう、それらを因縁として、早く救われてもらいたい、…

付き合っている人に似てくる

「同行・善知識にはよくよく近づくべし。『親近せざるは雑修の失なり』と『礼讃』にあらわせり。悪しき者に近づけば、それには馴れじと思えども、悪事よりよりにあり。ただ仏法者には馴れ近づくべき」由仰せられ候。俗典にいわく、「人の善悪は近づき習うに…

あっという間の人生何をすればいいのか

蓮如上人は、御文章1帖目12通に、「信心の沙汰をせよ」と教えられています。 しかるに当流において毎月の会合の由来は、何のようぞなれば、在家無智の身をもって、いたずらにくらし、いたずらにあかして、一期はむなしくすぎて、ついに三塗にしずまん身が…

一生造悪とは

あるとき禅宗の僧侶の仙崖が谷底で寒さに苦しんでいた乞食に一枚のはおるものを与えたことがありました。 ところが、その乞食はそれをとるなり、すぐ身に纏ってしまいました。何もいいません。 そして仙崖はその乞食が何もいわないので、「おーい、あたたか…

怒るとどうなる?

仏教で瞋恚(しんに)とは怒りの心です。以前、新聞に、馬鹿なカバの話が掲載されました。 カバが子供を宿したとき、飼育係の人が、子供を産みやすいように場所を移したら、カバが怒ってしまった。 そして、死産になってしまった。怒りの心が子供を殺してし…

一日何回心変わりする?

ブッダはすべての人のすがたをこのように教えられています。 心常念悪………心は常に悪を念い口常言悪………口は常に悪を言い身常行悪………身は常に悪を行い曽無一善………かつて一善もなし 心と口と体、常に悪の造り通し、ということです。 心が口や身体を動かしますか…

科学が進歩しても迷信がなくならないわけ

なぜ科学や医学が発達しても迷信邪教がはびこるのでしょうか。 それは、何かにすがって生きざるを得ないからです。 私達は薄い氷の上にいるようなものです。それではあまりにも不安ですから、あそこまで行けば安心できる、そう思っています。 あの大学に入れ…

正しい宗教の選び方

宗教には、科学や経済ができいない役割があります。ですから、宗教は幸せな人生送る上ではぜひ必要なものです。 ところが宗教は、どの宗教も自分たちが正しいといいます。 エホバもそうです。板曼荼羅は永遠だという人もあります。 みんな自分の宗教が正しい…

運命の因果関係

仏教で明らかにしている因果関係というのは、運命の因果関係です。 幸せな運命の因果関係が知りたい。これが私たちの根本の問題です。 運命というのは、仏教の言葉でありませんがよく知られているので、仮に使います。 運命というのはわからないといわれるが…

私たちを苦しめる根本原因とその結果

昨日の、続かない幸せを求めて苦しんでいる原因について、親鸞聖人は、このように教えられています。 難思の弘誓は難度海を度する大船、無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり。(教行信証) 難度海とは、わたりにくい海ということで、苦しみの波が次々とや…

続かない幸せを求めて苦しんでいる原因

幸せは続かないから、幸せが色あせると、次の幸せを求めます。 でもその幸せも続きません。 諸行無常ですから、この世のすべては移り変わって行きます。 続かない幸せから続かない幸せへつなわたりするしかありません。 そこには生命の歓喜はなく、ただ愁嘆…

幸せになれない根本原因

私たちは、物があっても幸せになれません。お金があっても幸せになれません。 卒業生で自殺率が一番多いのは、東大。幸せになりたくて勉強したのに。幸せを求めても幸せになれません。 ではどうしてそうなってしまったのか、すべての結果には原因があります…

苦しい人生渡りに船

私たちの実態は、苦しんでいるという実態です。 親鸞聖人は私たちの人生を難度海と教えて下さいました。難度海とは、苦海といわれるように苦しい海のことです。 私たちの人生の実態を、わたることが難しい難度海とたとえられています。 阿弥陀如来は、その苦…

具体的な親孝行は?

仏教の教えをよく理解することはもちろん大事です。 しかし仏教には、親孝行が教えられています。 仏教の教えを学ぶために、親や家族のことを考えないというのではよくありません。人前と家庭での姿が全然違うというのもよくありません。 家の外では自業自得…

人間的に大きな人

ブッダが教えてくださっていることを実践していくのが大事です。 ちょっとしたこころがけ一つで、全然結果が変わってきます。 我利我利亡者の人は、笑顔がありません。会話がありません。そのため人間関係がギクシャクします。 ぎーぎー音がなって、トラブル…

相手の立場に立つ

気が利かないという人は、己れだけを主張する人です。 自分の思い通りにならないと文句をいいます。してもらって当たり前と思っています。だからしてもらえないと腹がたちます。 とにかく我が先です。そういう心が非常に強いのが餓鬼です。 それにたいして大…

すべての善が布施におさまる

仏教ではたくさんの善がおしえられています。これを諸善万行といいます。 教えられている善はひとつや二つではありません。あまりにたくさんと言われると、わたしたちどれを選んでいいのか分かりません。 堺筋本町船場センタービル、一号館から十号館、卸売…

幸せになれない原因は自力の心

私達は幸せを求めて生きています。 私達が信じているものは、お金や財産、地位、名誉など、色々ありますけど、みんな幸せになれると思って信じているわけです。 しかし、それらのものは幸せにしてくれないんです。 だから、それを信じていても幸せになれない…

味の素の豚の成分でイスラム教混乱

宗教はいろいろありますけど、どれもそれぞれ自分の宗教は正しいんだ。これを信じていれば間違いないといいますね。 しかし、言っていることが違うのに、どれでも正しいということにはなりませんね。 正しいという字は一つに止まると言うことですから、二つ…

宗教が必要な一つの理由

どんなたよりにしているものも最後は必ず崩れてしまいます。 それをおっしゃった蓮如上人のお言葉があります。 まことに死せんときは予てたのみおきつる妻子も財宝もわが身には一つも相添うことあるべからず。されば死出の山路のすえ・三塗の大河をば唯一人…

生きる方向は不安にならない

大学を選ぶとき、就職先を選ぶとき、本当にここで大丈夫だろうかと不安になったと思います。 裏切られたら大変だからです。大学を選ぶときに、すぐ決める人はいませんね。それぞれ比較検討して、決めます。 大学を決めるときでも、色々な大学を検討して、自…

失って始めて気づく健康の大切さ

健康とか親というのは、普段あまり気にしていないけど、失ってみて、いかに大きな心の支えであったか知らされるものです。 健康でいられると思うから、明日の予定とか来週の予定とかを考えるのであって、いかにあてにしているかということは、毎日の食生活を…

生きがいと生きる目的

私たちの人生を海にたとえると、苦しみ悩みの波が次から次とやってきます。 なんの支えもなしに生きているのはあまりにも苦しいから、とにかく目の前にある丸太や板きれにすがらずにはいられません。 お金・地位・名誉・財産・結婚・子供・健康。こういう丸…

親鸞聖人は何を教えられた方?

浄土真宗を開かれた親鸞聖人は、世界的に非常に注目されています。ほとんどの人が素晴らしい人と言われます。 しかし、その教えのどこが素晴らしいのか、説明できる人はほとんどいません。 なぜ生きるという本当の生きる目的をハッキリと教えられた方なんて…

欲しがりません勝までは

戦争のとき「欲しがりません、勝までは」アメリカに勝てばと思っていました。 その後日本は金持ちになれば幸せになれると頑張りましたが、今は流行りません。 みんなわかっちゃったから「金持ちになっても幸せになれないこと分かるから」、政治運動も流行り…

嘘の幸せとは?

すべての人は幸せ、安心満足安らぎを求めています。勉強するのも、勉強せずに遊んでいるもの、結婚する人も、離婚する人も、「幸せを求めている」には違いはありません。 自殺する人もそうです。今のこの苦しみから抜けたい!このことだけしか考えていません…