仏教研究室

仏教を研究しています。

善知識にあうことの難しさ

宿善開発まで求めることが大事。

いかに宿善があっても聞かせて下さる善知識
にあえなかったら聞くことはできない。


おあいできてこそ聞法のご縁がいただけるので

五重の義の2番目は善知識。

 

善導大師の二河白道のたとえがあるが、
東岸、此岸、幸せもとめて旅人がたった一人尊い方にであった。
この尊い方、釈尊であり、善知識。

此岸は無人空迥の沢。
人がいない。

 

なぜいないのか、六十億人もいるじゃない?

本当の幸せを教えてくれる人がいない、

人生の目的を教えてくれる人がいない、

なぜ人の命が尊いのか、根本的なことを教えてくれる人がいない。
数学、語学の先生はいっぱいいます。

書道、絵、科学者、文学者、大学教授、
専門的な知識を持っているひとはいっぱいいるが、

生きる目的ってなんですか?

これを教えてくれる人がいない。

 

不思議だね、六十億もいるのに、生きる目的?ときかれると沈黙。

数学の問題とける人?

いっぱいいる。

変でしょう?みんなそれぞれ色々な知識を身につけるだろうが、

一番大事なこと、たったひとつの問いに答える人がいない。


だから善導大師は人がいないとおっしゃっている。

無人の荒野を旅していた。


善導大師が初めてあった尊い方、

お釈迦様が初めて生きる目的を教えてくれた。
善知識におあいできた感激を二河白道で教えて下さっている。