仏教研究室

仏教を研究しています。

現在世で正定聚不退転になれる現生不退

真に知んぬ。弥勒大士は、等覚の金剛心を窮むるが故に、龍華三会の暁、当に無上覚位を極むべし。

念仏の衆生は、横超の金剛心を窮むるが故に、臨終一念の夕、大般涅槃を超証す。

(『教行信証信巻』)

ここに書かれてあることは実に驚くべきことなんですね。
真に知んぬ」、
親鸞ハッキリ知らされた。

弥勒大士」、弥勒菩薩はお釈迦様の次にこの地球上に仏として現れる方。

等覚の金剛心を窮むるがゆえに龍華三会の暁

51段目の悟りをえておられるので、

56億7千万年後に、ようやく52段目の仏の悟りを開くんだと。

理想的な菩薩と言われる弥勒菩薩でさえも、それだけ長い時間がかかるんだと。

 

念仏の衆生
とは信心決定した人、信心一つで横超の金剛心を窮めたんだ。

だから「臨終一念の夕、大般涅槃を超証す」。

 

故に『便同』というなり。しかのみならず、金剛心をうる者は、すなわち韋提と等しく、すなわち喜悟信の忍を獲得すべし。これすなわち往相回向の真心、徹到するがゆえに、不可思議の本誓に藉るが故なり
全く不可思議の本誓、弥陀の本願です、弥陀の本願のお力である。

 親鸞聖人のみ教えは、この「教・行・証」に対して、

教・行・信・証

「教」はもちろん教え。

「教」は教えと言うより阿弥陀仏の本願。
「行」は阿弥陀仏が私たちのために作って下された「名号」。
それを「信」ずる、いただくという事なんです。
そして「証」を開く。

 

この場合の「証」と言うのはこの「証」は死んでからの仏の証。

阿弥陀仏の本願によって、

阿弥陀仏の本願のとおりに

阿弥陀仏が作って下された南無阿弥陀仏の名号。

そこに阿弥陀仏の行が封じ込められている。
だからこの教行信証の行」は我々凡夫の行じゃない。

阿弥陀如来の行が、ここに封じ込められている。それを私たちはいただく。

信心獲得と言うのは「頂く」のだ。

頂くだけで51段高飛びし、「死んだら間違いなく仏と成る」。

とってもこれは普通の仏教の修行をする人からすると考えられない。

だから親鸞聖人は教行信証のなかにその信巻に一番力を注がれたんです。

普通の仏教にはないことだった。いただく一で51段を高飛びする。

「そんなうまい話あるかい」「そんな夢みたいな話があるか」。

それを親鸞聖人は「あるんだ。

見よ、韋提希夫人が助かっているではないか」。

韋提と等しく喜悟信の三忍を得るんだ。
これ全く不可思議の弥陀の本誓によるが故なり」。

土台我々に行なんかできるか。

親鸞聖人徹底的にされたから、できない自分を知っておられた。

そしてこの「易信難行」に対してこの真実の仏教の教えは「難信易行」と言う。