仏教研究室

仏教を研究しています。

善知識・同行には親しみ近づけ

親鸞聖人がこう仰有っている。

「悪をこのまんには、慎んで遠ざかれ、近づくべからず」とこそ説かれて候え。
「善知識・同行には親しみ近づけ」とこそ説きおかれて候え」

末灯鈔のお言葉。

末灯鈔は親鸞聖人のお手紙のようなもの。

親鸞聖人の御法語、ならびにご消息。
ご消息とはお手紙のこと。

その中で親鸞聖人、
「善知識同行には親しみ近づけ」
と言われている。

手紙に関わらず、口で何か言ったりする、これには目的がある。

 

親鸞聖人は、善知識同行には親しみ近づけ、と仰有った。

これは私たちに対して言われている。

親鸞聖人が、私たちに親しみ近づけ、と言われている。

これは重いこと。

そう言われたら、どうしてだろう、となる。

 皆さん仏教の教えを学ぶ、と言いますけど、

学ぶ、ということは、皆さんに後生の一大事の解決をしてもらいたい、

必ずここを進んでいけばこの後生の一大事の解決できますよ。

そしてそれが人生の目的なんですよ。

それを果たせば人間に生まれてきて良かった、という身になれますよ。

そのためにはこうしたらよいですよ、と教えられたのが、

仏教のお言葉。

 親鸞聖人が、親しみ近づけ、と言われている。

聞いても何も変わらなかったら、仏教の教えを聞く意味がない。

善知識同行に親しみ近づきましょう。