仏教研究室

仏教を研究しています。

人生何の為に生きているのか

どう生きるか、の前に、

なぜ生きるか、がなければならない。

 

手段と目的があって、手段だけで目的がないのはおかしい。
では、人生の目的は、決勝点は、どうなっているのか。

それは、摂取不捨の利益にあずかる事である。


その幸せが、絶対に崩れることなく、壊れることなく、

永遠に幸せにがちっと収めとられる。

それが人生の目的である。

また同じ歎異鈔の第七章には、

摂取不捨の幸せに収めとられた姿を、

無碍の一道と教えられている。

念仏者は無碍の一道なり

 

風呂場に入って念仏称える人もあれば、まちまちでありますけれども、

親鸞聖人がおっしゃったのは、人生の目的を果たして、

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と称えておられる。

摂取不捨の利益にあずかった時、この親鸞、念仏者になった。

念仏者とは、人生の目的を果たした人。

人生の目的を果たした人は、無碍の一道に出ることができる。

 

true-buddhism.com