仏教研究室

仏教を研究しています。

仏法を尊く思う心が 強ければ強いほど早く救われる

仏法を尊く思う心が強ければ強いほど早く救われる。

 

無量寿経には恭敬三宝とある。

 三宝とは、仏宝、法宝、僧宝。


 宝と思えないものを求めている人もあれば、

宝を粗末にしている人もある。

宝だと分かれば大事にする。

 

蓮如上人のお言葉でいうと、

宝の山に入りて手をむなしくして帰らんに同じ

 

 宝とはいろいろあるが、仏様と仏様の教えと先生が宝。

そういう宝を大事に思う。

その心が強ければ強いほど早く救われる。

 

10ある力を5、3、2とするものが、

仏法を素晴らしい宝かと分かれば、30になる。

 

 宝ということで関連して、

宝の山に入りて手をむなしくして帰らんに同じ」

御文章のお言葉。

宝の値打ちがわからない。

と手ぶらでかえる。

 

宝を手にして帰れ。

せっかく仏法との御縁に会いながら、

粗末な聞き方をしている。

弥陀の本願を聞きぬけずもったいない。