仏教研究室

仏教を研究しています。

阿弥陀如来はどんな極悪人をも救い切ることができる

願力無窮にましませば
罪業深重もおもからず
仏智無辺にましませば
散乱放逸もすてられず (正像末和讃

 

最初の半分は、無量光について。

後の半分は、無辺光について。

阿弥陀仏のお徳の二つについてです。

阿弥陀仏の本願力には限りがないから、どんな極悪人でも助かります。
そうでなかったら、私は助かりません。

阿弥陀仏の智慧、お力は大宇宙のどこにでも届きますから、

どこに飛んでいっても捨てられないのです。

 

その1つ前の御和讃

無明長夜の燈炬なり
智眼くらしとかなしむな
生死大海の船筏なり
罪障おもしとなげかざれ (正像末和讃)

 

親鸞聖人が、励ましておられるお言葉です。

悲しまなくてもいいですよ、
嘆かなくてもいいですよと。

苦しみの海でもがいているけれども、それを浮かばせる船がある。

どんなに重い罪を作っていても嘆く必要はありませんよ。