仏教研究室

仏教を研究しています。

親鸞聖人のお歌 関東でのご活躍

親鸞聖人のお歌
宝尋という明治の人の作です。


「稲田の草庵の仮住居」

稲田というところに住まれた

「板敷山の弁円は

 如来大悲の恩をしり

 御同朋とさとされて

 今はかしづく語り草」

これは板敷山の弁円、詩ですから順番通りに詠んでも面白くありません

「今日は駅を出て階段おりて、曲がって、

 階段上ってドアを開いて、会場に来た」

でなく「今日は会場にきた、それは、、、」

 

ここは、親鸞聖人珠数一連もたれ、

弁円はガタガタと刀振り落として御同朋御同行よと諭された。

そして阿弥陀如来の大慈悲心、

御恩を弁円は知り、今も言い伝えられている。