仏教研究室

仏教を研究しています。

化土往生の条件

19願20願の教えから、化土のに行く3条件が示される。

 

1日課何万遍の念仏行
2正念往生
3臨終来迎

 

1日課何万辺の念仏行

1日も休んではならない。
ある人が、病院のベッドで1日念仏を称えても1万べん行くかいかないか。
昔のテキストでは7〜8万べん。機関銃のように称えないと無理。
これをやろうとするのが浄土宗

福田行誡、浄土宗の館長。
ずーと念仏を称えつづけた、これは果たしたらしい。
ほかにも化土にいく条件が2つ

 

2正念往生

これの反対が狂乱往生。ガンなどで苦しんでは行けない。

じっとこらえる。

 

3臨終来迎。

これはその時になってみないと判らない。
福田行誡は「化土にいけたらよいがのう」と言っていた。

平生業成と言う教えは、不来迎。

今、阿弥陀仏のみ心と一つになってしまったた。

常来迎ともいう。

自力でたすかるというのは、我々にはできないこと。
できないことを教えて、平生業成に導く教え。

生きているときにハッキリする。

一生懸命念仏唱えても化土に行けるかどうか判らないのでは、不安。
浄土宗では木魚を使うが、それで念仏を称えられる私達ではない。

至心回向欲生我国でないといけない。