仏教研究室

仏教を研究しています。

三三法門・六三法門

願海につきて真あり仮あり。
教行信証真仏土巻)


阿弥陀仏の48の願に真実の願と方便の願がある。
真実の願は18願、選択本願、王本願。
私達を信楽にして見せるというお約束。

無明の闇を打ち破って、往生一定の無碍の一道に出させて見せる。

ところが私達は迷いいっぱい。

その私たちをどうしたらこの世界に出すことができるか。

それで建てられたのが19、20願。

ほかの45願もすべて方便の願。

19願から20願、そして18願へ出させてみせる。

これが三願転入。親鸞聖人の信心獲得の体験談。

 

ここを以って、愚禿釈の鸞、論主の解義を仰ぎ、宗師の勧化によりて、久し
く万行諸善の仮門を出でて、ながく双樹林下の往生を離れ、善本徳本の真門
に回入して、偏に難思往生の心をおこしき。然るに今特に方便の真門を出で
て、選択の願海に転入し、速に難思往生の心を離れて、難思義往生をとげん
と欲す。果遂の誓、良に由あるかな。
教行信証化土巻)

 

すべての人が三願転入しなければ、18願の世界に入ることはできない。
もし18願だけで言いのなら、19、20願を建てられるはずがない。

善導大師は19願を要門、絶対必要な教といわれた。
方便からしか真実には入れませんから、従仮入真。

仮よりしか真に入れず。

これは親鸞聖人だけではなく、十方衆生がこの道を通る。

 

至心発願欲生と 十方衆生を方便し
衆善の仮門ひらきてぞ 現其人前と願じける。

至心発願欲生と誓われているのは、19願

その 相手は十方衆生、しかも19願は方便である。

 

至心回向欲生と 十方衆生を方便し
名号の真門ひらきてぞ 不果遂者と願じける

 

至心廻向欲生は20願。

その相手も十方衆生すべての人。

 

至心信楽欲生と 十方諸有をすすめてぞ
不思議の誓願あらわして 真実報土の因とする

至心信楽欲生は18願、

相手は十方衆生すべての人。


教行信証では
19願について
要門釈

ここをもって釈迦無尼仏、福徳蔵を顕説して群生海を誘引し、阿弥陀如来
本、誓願を発して普く諸有海を化したまう。
教行信証化土巻)


20願については真門釈

然ればすなわち釈迦無尼仏、功徳蔵を開演してお、十方濁世を観化したまう、
阿弥陀如来、本果遂の願を発して、諸有の群生海を悲引したまえり
教行信証化土巻)

 

18願は

よく三有緊縛の城を出だして、能く二十五有の門を閉づ。能く真実報土を得し
め能く邪正の道路を弁じ、能く愚痴海をつくし、能く願海に流入せしむ。一切
智の船に乗ぜしめ、諸々の群生海に浮び、福智蔵を円満し、方便蔵を開顕せし
む。真に奉持すべし、とくに頂戴すべきなり。


この阿弥陀仏の御心をお釈迦様があきらかになされたお経。
阿弥陀仏19願を建てられた御心をあきらかにされたのが、

観無量寿経
20願が阿弥陀経、小経。
18願が大無量寿経
無量寿経の下巻にはお釈迦様が

阿弥陀仏の18願のみ心をあきらかにされている。

 

要門、真門、弘願門、あるいは弘願ともいわれる。
機でいうと、邪定衆の機、不定衆の機、正定衆の機。

邪定衆の機と言うのは、自分の本当に姿がわからずに、善ができると思っている人、
不成就の機というのは、念仏一生懸命唱えたら、極楽に行けると思っている人、
正定衆の気と言うのは、間違いなく仏になるに定まった人。

往生で言うと、
これは、願があっても行がないから化土往生もできませんが、
できるとしたらと言うこと。

19願を福徳蔵、これは阿弥陀経に「小善根福徳の因縁をもっては」とある。
20願を名号不思議の功徳から 功徳蔵。
18願を福智蔵といわれる。

六三法門、三三法門と言うこともある。

三願転入は親鸞聖人の教えの根基になっている。