仏教研究室

仏教を研究しています。

なぜ仏教が宗教と言われているのか

なぜ仏教宗教と言われているのか。

 

江戸時代までは仏教イコール宗教でした。

宗教というのは私たちにとって一番大事なことを教えたものです。

 

明治維新があって鎖国が解かれてから、

西洋からキリスト教イスラム教などたくさんの教えが入ってきました。

それまでは、日本には道教儒教仏教の三教というものしかなかった。

 

 ところが、明治以降たくさんの教えが入ってきたので、

それを全部まとめる言葉が必要になった。

平田篤胤神道以外の全部の教えを宗教と呼んでしまえ、

ということで、今日仏教も他の教えも全部宗教と呼ばれることとなった。

全く違うものまで全部、宗教と呼ばれている状況です。

 

全く違うものを同じものと呼んでしまったら大変なことになる。
言葉の乱れは、思想の乱れと言われる。

言葉は正しく使わないといけない。

 

true-buddhism.com


true-buddhism.com