仏教研究室

仏教を研究しています。

なぜ絶対の幸福になれるのか

南無阿弥陀仏を頂くから絶対の幸福になる
親鸞聖人言われている。

我が弥陀は名を以て物を摂したまう。是を以て耳に聞き口に誦するに、
無辺の聖徳識心に攬入し、永く仏種と為りて、頓に億劫の重罪を除き、
無上菩提を獲証す。

阿弥陀如来は御名をもってものを摂したもう。

摂取と言うことです。

名号をもって衆生を絶対の幸福に救うと。

ものとは衆生。決して捨てない。絶対の幸福に救う。
この名号は耳から頂く。そして念仏となって称えずにおれなくなる。

限りない仏徳が、私達の心に入って下された。

弥陀の命がわが命となる。

弥陀の仏徳が私のものになる。いただける。

そして、永く仏種、仏の種になる。

この名号が。だから死んで必ず浄土へいって仏になれる。

必ず芽が出て仏になれるのだから。

頓とはたちまち。一念でということ。

億劫の重罪を除く。無上菩提を獲証す。

素晴らしいことだね。

 

わが弥陀はこの名号を持って全ての人々を絶対の幸福に救うと言われている。

弥陀の願いが私のものになる。

それは永遠の仏種、仏になる種。

だから必ず無明の闇が破れ、無上菩提を獲証する。これ以上の宝はない。

 

それは一念で頂ける。

私達が信心獲得すると言うことは、

阿弥陀仏が命をかけて作って下された弥陀の命である南無阿弥陀仏を頂くと言うこと。

この信心獲得一つを叫ばれたのが親鸞聖人です。

あわれあわれ存命の中にみなみな信心決定あれかし、

それが善知識の願いですが、その通り信心を頂く。

是非そういう身になっていただきたい。