仏教研究室

仏教を研究しています。

御本尊について

南無阿弥陀仏について。

浄土真宗の正しい御本尊です。

他流には「名号よりは絵像、絵像よりは木像」というなり。

当流には「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というなり。

(御一代記聞書70)

 

蓮如上人のお言葉ですから、当流とは、浄土真宗

真宗の正しい御本尊。

浄土他流では名号よりは絵像、絵像よりは木像、
浄土真宗では木像よりは絵像、絵像よりは名号。

正しい本尊は名号ですよと言うことが、ハッキリ教えられています。

 

この御本尊を常におかけして、

お勤めをしなさいよと言うことです。

これが、その前の御一代記聞書69

蓮如上人仰せられ候、「本尊は掛けやぶれ、聖教は読みやぶれ」

と対句に仰せられ候。

(御一代記聞書69)

 

御聖教は何度も何度も読んで、破れるまで読みなさい。

もちろん、粗末に扱って破りなさいと言うことではありません。

蓮如上人は、教行信証を、表紙がすり切れるまで読み破られたと言われます。

そして、その深い内容を、御文章に、その要を書いて下さったのです。

私達もお聖教など、いつも持ち歩いて読み破る。

それと同じように本尊も、箱に大事にしまっておくのでなく、

常におかけして、お勤めをさせていただく。
それが大事なんですね。