仏教研究室

仏教を研究しています。

信心とは

信心といいますと、諺にも、
「鰯の頭も信心から」
と言います。

鰯とは、非常に安い、昔は人間も食べなかったものです。
しかし、尊いと思って信じれば、それも信心です。

何でも信じていれば、信心です。
宗教を信じていない、そういう人が多くいます。
無宗教、無信心と言いますが、宗教に関心がないわけではありません。
日本人の半分以上は、宗教に何らかの関心を持っています。
しかし、特定の宗教を持っているわけではないです。
欧米では、無宗教と言うと、薄っぺらな人間と思われたりします。
免許を取る際でも、宗教は何かという欄があります。
日本では、信じている人は少ないのです。

信心とは、心で何かを信ずることです。
だから、全ての人は、信心を持っているのです。
特定の宗教でなくても、これで幸せになれるという
ものを持っていれば、それも信心です。

仕事信心、恋愛信心、強い信心を持っていませんか?
親を信じているなど、何かしら信じています。
何も信じていない人はありません。
だから、生きる=信ずる、と言えます。

例えば、床屋に行って剃刀で髭を剃ってもらう。
寝ていられるのは、信じているからです。
斬ったら、必殺仕事人。
そういうことはないと信じているのです。
飛行機も、間違いなく目的地まで運んでくれると
信じて乗る、信じなければ、1日たりとも生きてはいけません。
まさか、このビルが明日潰れていると思ったなら、そこに泊まろうとは思いません。

こう考えてみますと、生きる=信ずるといえるのです。
全人類は、信心を持っていると言えます。
法の華など、そういうものを信じていなくても、信心を持っていることが分かります。

じゃあ、自殺をする人はどうなのか。

いろいろなものに裏切られて死んでいく、
信ずるものはないのだろうと。
どうでしょう?

今が苦しくて自殺をします。
死んだら、その苦しみから離れることができるだろうと、そう思うから自殺をします。
今よりも楽になれると信じて自殺をする。

ですから、信心と無関係という人はいないです。
健康信心、親信心、恋愛信心、お金信心、大学信心など。

みんな信心をもって生きています。

 

しかし、信心には、真実の信心と真実でない信心があります。

これまであげたのは、すべて真実の信心ではありません。