仏教研究室

仏教を研究しています。

親鸞聖人の田植え歌

親鸞聖人が田植え歌を、最初は田植えのはかどる歌といわれた。

みんな全然説法を聞きに来ないから。
あの人達にとっては後生とかどうでもよくて
田植えのことで頭がいっぱい。
私達も仕事がある、近所づきあいがある。

仏法どころじゃない。

親鸞聖人は本当は田植えをされに来たんじゃないのに、

田植えをされて、休憩時間に話をするということになった。

私達をいかにして助けるか、その大慈悲心によって
たてられたのが弥陀の本願。
その本願が形になって現れたのが名号。
もとになったのは阿弥陀仏の大慈悲。

愛を下さい、金を下さいという心ならあるけれど
阿弥陀仏の本願を聞く気はない、清浄の心なく、真実の心なし。

そこを阿弥陀仏が真の心で名号を完成された。
聞く気のないものには聞く心も織り込まれた。

教行信証信楽釈、欲生釈も
全く同じ展開で書かれている。

表面に現れた姿には違いがあるけれど
その心は全て阿弥陀仏の大慈悲心。

また法蔵の願心ということにもつながる。
麻酔かけられて昏々と眠っている、

そういう者をなんとか助けたい、これも大慈悲心。

 

蓮如上人は信の人のまねをせよといわれています、

聖人がなされたように、私達も同じようにやってみる。