仏教研究室

仏教を研究しています。

苦悩の根元を説かれたお言葉

苦悩の根元を親鸞聖人が教えられた正信偈のお言葉は

還来生死輪転家

決以疑情為所止正信偈

「生死」とは苦しみということ、
「輪転」とは無限ということ。
「家」とは離れられないということ。
「還来」とは繰り返すということ。

苦悩渦巻く人生を際限もなく行ったり来たりする。
「決する」とは一つで決まるということ。
疑情が晴れないからとどまる。
苦悩が際限もなくやってくるのは疑情一つによる。
要するに私たちの人生の苦悩の根源は疑情一つということ。

その続きは

速入寂静無為楽

必以信心為能入

「速やかに寂静無為のみやこに入ることは、

 必ず信心を以て能入と為すといえり」と読みます。

阿弥陀仏からまことの信心を賜ると、寂静無為の楽に入る。

迷いの打ち止めをするためには苦悩の根源の疑情を晴らさなければならない。
「寂静無為の楽」は

阿弥陀仏の極楽浄土に行って弥陀同体のさとりを開かせていただく。
それは信心一つである。
疑情があるとこの世も暗いが未来も暗い。
信心一つでこの世も明るく、未来も明るくなる。

このお言葉は親鸞聖人が法然上人のおっしゃったことを言われている。
「いえり」というのは法然上人がおっしゃったということ。
法然上人の選択本願念仏集に書かれている。
法然上人がこういうことをおっしゃったと親鸞聖人がおっしゃている。

選択本願念仏集を明らかにされたのが教行信証

選択本願念仏集の心を少しでも多くの人に

わかってもらうように書かれたのが教行信証

法然上人が親鸞聖人に教えてくださったことは、

私たちが苦しみ悩んでいるのは疑情一つ。
それが阿弥陀仏の本願によって一念で救われる。
信心一つで救われる。

true-buddhism.com