仏教研究室

仏教を研究しています。

宿善がどれくらい大切なのか

宿善がどれくらい大切なのかいくつか紹介したい。

宿善まかせという言葉までありますね。
宿善まかせ。
人生の目的を果たせるかどうかはまことに宿善まかせという言葉がある。
宿善によって決まる。

病気になったら医者任せ。
その病気が治るかどうかは医者によって決まる。
名医に診て貰えば治るし、やぶなら死んでしまう。

この間ラジオを聴いていたらO型の患者にB型の血液を輸血して死んでしまった。

O型のNくんにB型のSくんの血液を輸血した。
そしたらNくんは死んでしまった。
これは医者が悪い。
病気になったら医者任せ。
車に乗ったら運転手任せ。
助手席の人がブレーキ踏めといっても踏むのは運転手。
後ろの乗っている人が『空飛べ』それは無理だ。
ハンドルを握っている運転手任せ。

農家の人は天気任せ。
今年は雨が足らないなあ、今年は日の光が足らない、
天候によってお米の収穫はまるっきり違います。
それを天候任せという。

人生の目的が果たせるかどうかは誠に宿善まかせ。
宿善によって決まる。
宿善に限れり、こんな言葉もある。
これ以上強い言葉はないね。

苦悩の根元、無明の闇が破れるかどうかは宿善に限れり。
これまた強い言葉。
無宿善力及ばず。
宿善がなかったらどうしようもありません。

宿善のない人は力及ばず。
残念ながら無明の闇を晴らすことはできません。
こういう御言葉が教えられていますが如何に宿善が大切かが分かる。

その宿善が自分にあったと言うことは大変慶ばなくちゃいけない。
どんな才能に恵まれるよりどんなお金持ちの家に生まれるより俺は記憶力がいい、
オレは数学の才能がある、物理ができる、語学ができる私は美人、
オレは足が長いへそが出ている、
どんなものに恵まれるより宿善があったことが有り難い。

聞法心があった、仏法聞こうという気持ちがあった。
尊いこと。
これがなかったら始まらない。
これが一番最初なんです。
だから、まず聞法心。