仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

因果応報のしくみ

仏教の目的は抜苦与楽。

人生苦なり。
人生の実相が楽しいものなら何も教えを求める必要はない、
けれど苦しいものだから、何かを求めて対処しなければならない。

お釈迦さまの第一声がこれであった。
ではなぜそうなるのか。
まず人生の現実、実相を教えられ、
それから、ではその苦しい人生何のために生きるのか、
ここから仏教が始まる。

次に因果の道理。
私達の運命は一体何によって決まるのか。
私達は幸せを求めて生きている、ではその幸せはどこからやってくるのか。
そういうことをお釈迦さまが教えられた。

原因と結果の関係、善因善果、悪因悪果、自因自果、
自分にかえってくる運命は全て自分の行為による。因果応報

が左右するとか、星の位置によるとか、そういうことではなく、
全て自分の行為による。

ではその運命を決める行為とは?インドの言葉でカルマ
身業、口業、意業。
だから次の問題に三業がある。
身体や口も私の運命を変えるけれど一番重いのは心。
身体や口なら経験から分かるけれど、何故心も?
人の目に触れないのに。

そこで次に八識。
私達が行いをしたならそれが阿頼耶識に業力となって蓄えられる。
それが縁に触れると結果を引き起こす。
このように運命が何によって決まるかを明らかにされている。

この因果の道理を徹底すると三世因果になる。
孔子が説いたのは、この世生き方をよくする因果。
その孔子にある人が死んだ後どうなるのか聞いたら、
生も分からないのに何で死んだことが分かるんだと答えた。
三世因果を徹底しているのは仏教だけ。

自分が受ける結果は全て自分の種まきによる。
だから過去世がある。
死ぬというのも結果であり原因である。
その結果もあるのだから来世がある。

三世因果を教えられてその結論として、
廃悪修善もそうですが、過去も未来も現在に収まっている、
「汝ら、過去の因を知らんと欲すれば現在の因を見よ」
記憶喪失になっても今の結果をみれば過去の因が分かる。
過去も知りたいけれどもっと知りたいのは未来。
早ければ今日から、今からでも後生
自分は一体どこに行くのか、どういう状態になるのか。
それも現在の種まきを見れば分かる。
三世因果の結論は現在の自己を見よ。

本当の仏教の教えは平生業成であり、現生不退、不体失往生。
何れも現在の教え。
現在の自己を見よと教えられたのがお釈迦さま。