仏教研究室

仏教を研究しています。

疑情と煩悩の違い

正しい信心を獲たら心がどう変わるか、

ということを
あなたはっきり知っておいて頂かなくてはならない。

なくなるのは疑情です。
怒り愚痴煩悩はなくなりません。


疑情がなくなって明るい心になったことを、
本願文ではどう仰っていますか?
信楽の「信」。

「信」とは、闇が破れたこと。
これを「破闇」という。

信楽とは破闇満願。
満願とは、願いが満たされて、
この願いは私たちの願いではなくて弥陀の願い、
私たちを本当の幸せにしてやりたいという願い。
その願いが満たされたのが信楽の「楽」
ここでなくなるのが疑情、なくなるのは疑情ですよ。

なくならないのは煩悩、なくならないどころか減りもしない。
正信偈にはこうある。

已能雖破無明闇
貪愛瞋憎之雲霧
常覆真実信心天

すでに無明の闇を破すといえども、
貪愛瞋憎の雲霧は常に真実信心の天を覆えり。

すでに破れたといわれる無明の闇とは疑情のこと
常に真実信心の天を覆っている貪愛瞋憎とは、
貪愛は
瞋は怒り
は憎しみということで愚痴

煩悩を雲や霧に譬えておられる。

助かったかどうかは信疑決判、これは大事な言葉。
疑いが晴れたかどうかで決まる。