仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

真諦門と俗諦門

真諦門、俗諦門というのは、
真俗二諦の教えと言われます。

真諦門というのは、いつでもどこでも変わらない真実のことを言います。
時代によって、場所によって変えるものでない。
どの人種も、いつの世紀になっても、宇宙人であっても、
三世十方で変わらない真実を真諦門と言います。

死後に一大事があります、と教えられたのが仏教です。
これを言うといやがる人がいます。
だから言うのをやめましょう、ということではいけません。
そして、死んだらどうなるの一大事の解決は
阿弥陀仏のみによるのだから、
一向専念無量寿仏です。
これも曲げてはなりません。

阿弥陀仏 というと、抵抗を感じるんじゃないか、
ということで、世間の人で、
阿弥陀仏 のことを言わずに、「大宇宙のパワー」とか言っている人がいます。
そういうと、か何かと勘違いします。
これも曲げてはなりません。
そして、断じておぼろげな体験ではなく、
一念で救われるハッキリ救われる教えです。
いつでもどこでも、時空を超越して変わらない教えです。
こういったものは、死守すべきものです。
国家権力から弾圧を受けても、仏法者が守って行かねばならない真実を言います。

それに対して、俗諦というのは、
三世十方を貫く教えをどのように伝えるのか、
ということを言います。

道徳も法律も憲法も違う、
時代や場所にマッチした方法で、真実を明らかにしていく。
変えていって良いもの、むしろ変えて行かねばならないものです。
日進月歩して変えて行かねばなりません。