仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

信心はなぜ必要?

信心はなぜ必要なのかといいますと、
私たちは何かを信じなければ生きてはゆけないからです。

信心とは、何かを心で信ずることです。
信ずるということは言葉をかえれば
たよりにする、あて力にするということです。

私達は何かをたよりにし、あて力にしなければ生きてはゆけません。
即ち、何かを信じなければ生きておれないのです。

妻は夫を信じ、
夫は妻を信じ、
親は子供をたよりにし、
子供は親をあて力にして生きております。

その他、自分の身体や生命、財産や金銭、
家や名誉や社会的地位等、
何かをあて力にして生きております。

だから生きるということは
信ずることなのです。

や仏を信ずることだけが信心ではありません。

昔から鰯の頭も信心から
と言われますが、
つまらぬものでも信じていればその人の信心です。

だからすべての人は何らかの信心をもっているのです。

ところが私達は、ただ生きているのではありません。
幸せを求めて生きている人ばかりです。

そして一切の苦しみ悩みを厭うております。
苦しみ悩みはどこから起きるのか考えてみますと、
信じていたものに裏切られた時に起きて来るのです。

病人の苦悩は健康に裏切られたからであり、
家庭の悲劇は夫を信じ切っていた妻が、
夫に裏切られたからです。

子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。

家の子供にかぎってと深く信じていればいる程、
裏切られた時の親の苦悩や悲しみ怒りは大きいのです。

これで判るように私たちは何かを信じなければ生きてはゆけませんが、
やがては私たちを裏切ることのあるものを
信じて生きるということは馬鹿げたことです。

では、この世で生命をかけて信じても後悔のない、
いわゆる、絶対に裏切ることのないものはあるでしょうか。
結論を急ぎましょう。
何もないのです。

この世の一切は死ぬ時には何のあて力にもなりません。

この肉体さえ焼いてゆかねばなりませんから。
今死ぬというときでも変らぬもの、
それは三世諸仏をして成仏せしめた本師本仏の阿弥陀仏あるのみです。

この阿弥陀仏を信じる者こそ、
永遠不滅の無上絶対の幸福で生きぬくことができるのです。