仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

仏教をどれくらい理解したかが分かる方法

私たちが仏教講座に行って仏教の教えを聞かせて頂きますと、
『いやなんて素晴らしい教えなんだろうか、今まで聞いたこともなかった』
という喜びや感動が起きてきます。

すると、その素晴らしい仏教の教えを
自分だけ聞いているのでは余りにも勿体ない。

どうかもっと多くの人に聞いてもらいたい、
と思って自分の唇で聞かせていただいた法を
説き明かすことを説法と言います。

誰か仏法の話を語る人の
その話を聞くことで聴聞と言いますが
それに対して自分が知らされた教えの内容を
明らかにすることを顕正っていいます。

真実の仏法を聞かせていただいて、
ああ素晴らしい教えだなあ、と分かると
人に言わずにおれなります。

これはよく仏法を旨い蕎麦を食べたときに喩えて
「美味しい蕎麦だ。
普通のラーメンはそんなに美味しくなかったけど、
にんにくげんぶつラーメンってなんて美味しいんだ」

そうなると
「あなたも一つ食べてご覧なさい。こんなものちょっとないぞ」
言わずにおれなくなります。
あなたが仏法を理解するほど教えの深さが分かるほど
こんなすばらしいことあの人にも聞かせて上げたい、
という気持ちになります。

その気持ちがどれくらい強いかで、
仏教をどれくらい理解したかが分かると
いわれるんですね。