仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

永遠に変わらない幸せとは?

絶対の幸福になると、至徳具足の益がえられます。

至徳具足の益というのは、
「益」幸せということです。

「至徳」とは、
「至」とは最高無上、至上ということです。
「徳」とは功徳です。
最高無上の功徳が至徳です。

南無阿弥陀仏のことです。
南無阿弥陀仏には無限、底なしの功徳がおさまっているのです。

正信偈にはどう教えられているでしょうか。

「帰入功徳大宝海」
とあります。

大きな宝の海のような功徳です。

「具足」とは、その南無阿弥陀仏と一つになるということです。
そういう幸せを至徳具足の益といいます。

それを安心決定鈔にはこのように教えられています。

信心決定せん人は「身も南無阿弥陀仏・心も南無阿弥陀仏なり」と思うべきなり。

信心決定した人は
身も南無阿弥陀仏
心も南無阿弥陀仏
一体になります。
合体ではありません。

合体はサンドイッチのようにばらばらにできますが、
一体は、離すことはできません。
黒いペンキと白いペンキを混ぜると、とろけあってしまう。
そうなるともう離せません。

それをおかる同行はこう言いました。

頭叩いても南無阿弥陀仏
尻を叩いても南無阿弥陀仏
立った姿も南無阿弥陀仏
座った姿も南無阿弥陀仏
吸う息吐く息南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏しかないということです。

限りない功徳と一体になって、
二度と離れることはなくなる、
それが至徳具足の益です。