仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

仏教の根幹をふまえた真髄

ブッダの説かれた一切経には、因果の道理を根幹として
厳しい修行によってさとりを開く教えが
たくさん説かれています。

その中、浄土三部経には、
すべての人を無条件で救うとお約束された
阿弥陀仏の本願が説かれています。

ブッダの本心は、浄土三部経にあります。
阿弥陀仏の本願にすくわれるのが本当の生きる目的です。
それは難度海を度する大船に乗る。
そのための因果の道理です。

私たちの深い深い、迷いの心、外道の心を調機誘引されます。
お釈迦さまが35歳で仏のさとりを開かれて、
80歳でお亡くなりになるまでの45年間の長い時間。
一切経のほとんどすべてです。

阿弥陀仏の本願に救われるのに大事な教え、根幹です。
どこに向かって貫かれているかです。

阿弥陀仏の本願にあわせるために必要です。

これを因果の道理に反する者は外道です。
因果の道理を説かなければ仏教になりません。
しかし阿弥陀仏の本願を説かなければ仏教の真髄になりません。

因果の道理を知らされて、その上で
仏教の真髄に入らないといけません。