仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

付き合っている人に似てくる

「同行・善知識にはよくよく近づくべし。
『親近せざるは雑修の失なり』と『礼讃』にあらわせり。
悪しき者に近づけば、それには馴れじと思えども、悪事よりよりにあり。
ただ仏法者には馴れ近づくべき」由仰せられ候。
俗典にいわく、「人の善悪は近づき習うによる」と。
また「その人を知らんと思わぱ、その友を見よ」といえり。
「善人の敵とはなるとも、悪人を友とするなかれ」という事あり。

(御一代記聞書150)

 

これは浄土真宗を最も多くの人に広められた蓮如上人のお言葉です。

悪しきものに近づけば、それには慣れじと思えども」とは、
悪い人に近づいても、自分は真似をしないからいいじゃないか、
と思っても、そういうわけにはいかないんですよ、ということです。

それには馴れじと思えども、悪事よりよりにあり」ですから、
自分はそういうようにならないと思っても、
そういうようになってしまうということです。

俗典にいわく」とは、
仏法以外の本の中にもこういうことが言われています。
人の善は近づき習うによる
その人がどういう人なのか、ということは、
その人がつきあっている人に自ずと似てくるんだということです。

この人がどういう人かを知りたければ、

つきあっているうちに、だんだん似てきますから、

つきあっている人を見ればわかります。


まじめであっても、
不良グループとつきあっていると、
自分もそういうようになってきます。

街を歩いていても、ガングロ、ヤマンバ
厚底靴の人の横には、同じような人がいます。

近づけば、似てくるんです。

夫婦というのは似たもの同士と言われます。
だんだんと似てきます。

 

だから

ただ仏法者には馴れ近づくべき

といわれています。

本当の幸せを知り、それに向かっている仏法者に近づけば、
自分も本当の幸せに近づいて行くということです。