仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

信じる人も疑う人も幸せに

浄土真宗を開かれた親鸞聖人は、
主著『教行信証』の一番最後に、
「信順を因と為し、疑謗を縁と為し、
 信楽を願力に彰し、妙果を安養に現さん」
と記されています。

信じる人もいるだろう、疑う人もいるだろう、
それらを因縁として、早く救われてもらいたい、
と言われています。
縁が大事と言うことです。

教行信証を読むとことがなかったら、
信じることもない、謗ることもありません。

読んだからこそ、御縁があったのです。

読むと言うことは、親鸞聖人に近づいたということです。

疑ってでも謗ってでも、それを因縁として、
早く真実の信心を獲得して、
本当の幸せになってもらいたいということです。