仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

無常の世界に変わらない幸せ

一切の滅びる中に滅びざる真実もとめてただひたすらに

この世は諸行無常の世界です。
この世の一切、すべてのものは滅びていく、崩れていく、
ということです。

これが真理です。


これを歎異抄では、
煩悩具足の凡夫・火宅無常の世界
といわれています。

親鸞聖人のお言葉です。

ところが、そういう無常の世の中ですが、
決して崩れない幸せがあるんですよ、
親鸞聖人が教えられています。

この真実を獲得する所まで
進んでもらいたいということです。

進むということは仏法を聞く、
ということです。

人間に生まれてきてよかった、
ということが必ずあります。
ですからそこまで進みなさい、
と教えられているのが仏教です。

世界に宗教というものがたくさんありましても、
生きる意味を知らされる宗教は他にはないのです。

本当の生きる意味がはっきりするところまで
聞き抜いてもらいたいと思います。