仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

儚い人生、働く意味は何なのか

親鸞聖人は、このように言われています。

噫、夢幻にして真に非ず、寿夭保し難し、呼吸の頃即ち是れ来生なり。
一たび人身を失いぬれば万劫にも復らず。
此の時悟らざれば、仏、衆生を如何したまわん。
願わくは深く無常を念じて徒に後悔を貽すことなかれ。
教行信証行巻)

ここで親鸞聖人は、私たちの人生について
「噫、夢幻にして真に非ず、寿夭保し難し」
といわれています。

私達の人生は夢のような人生で、
寿命を保つ事が大変難しい、ということです。

邯鄲の夢のように、
あっという間に夢のように消えて行く儚い人生です。

それなのに働く意味は何なのかと虚無感におそわれます。

 

次の
呼吸のあいだすなわちこれ来生なり」とは
吸った息が吐けなければ、
吐いた息が吸えなければもう死後ですよ
といわれています。

今日本で年間交通事故で死ぬ人が一万人ありますが
それと同じ一万人ぐらいの人が
ジェットバスの給水口に髪の毛を吸いこまれて亡くなっています。
髪の毛を吸い込まれたら息ができません。
そうやって一息切れたら死後の世界ですよといわれています。

この後に親鸞聖人が
一たび人身を失いぬれば万劫にも復らず
といわれています。

仏教を聞かないすべての人は、
無間地獄で八万劫という長い間苦しまなければならない
ブッダは教えられていますので、
万劫にもかえらないのです。