仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

死ぬのは誰?

浄土真宗葬式でよく読まれる白骨の章に
「我や先、人や先」
と書かれています。

これは、死ぬのは私が先で、他人が後だということです。


普通私達は、逆で
「人や先、我や先」
と思っています。

死ぬのは他人だと思っているのです。

それならまだいい方で、
「人や先、人や先」と思っているのです。
自分が計算に入っていません。

しかし現実は、いつまでも人の葬式の手伝いを
していられるのではありません。

いつか自分の葬式の手伝いをしてもらうときが来るのです。

それが私たちの運命です。
しかもそれは遠い先のことではありません。

 

ブッダ
「出息入息不待命終」
と教えられました。
出る息は入る息を待たず命終わる、ということです。
吸った息が吐けなかったら後生です。
吐いた息が吸えなかったら後生です。

後生と聞くと10年も20年も50年も遠い未来のように思いますが、
生と死とは触れ合っているのです。

今日死んだ人は、昨日が今生であり、今日が後生 です。
一分前が今生であり、一分後が後生です。
吸う息、吐く息に生と死が触れ合っているのです。