仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

孤独で寂しい人生の目的

私たちは何のために生きているのでしょうか。

本当の生きる目的について、浄土真宗を開かれた
親鸞聖人はどのように教えておられますか。

難思の弘誓は難度海を度する大船
無碍の光明は無明の闇を破する慧日なり

これは親鸞聖人の書かれた主著の教行信証の冒頭のお言葉です。

親鸞聖人は人生のことを「難度海」と仰っておられます。
あっちにぶつかり、こっちにぶつかり、
渡ることが難しい海ということです。

生死の苦海とも言われています。
科学は進歩しましたが、苦しみは無くなったでしょうか。
自殺をする人は少しも減りません。
天下を取った家康は
「人の一生は重荷を背負うて遠い道を行くが如し」
と言っています。
どれだけ科学が進歩しても、
物質的に恵まれても、苦しみは無くなりません。

どこまで行っても孤独寂しい人生です。

そんな難度海を明るく楽しく渡す大船があるのです。
その大船に乗ることが本当の生きる目的であると
親鸞聖人は教えておられます。

それが
難思の弘誓は難度海を度する大船
です。