仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

人生の目的を果たしたらどうなるか

人生の目的である変わらない幸せになったら
どうなるのでしょうか?

それについて日本で最も読まれている仏教書である
歎異抄第七章に無碍の一道に出ると記されていす。

「念仏者は無碍の一道なり。
そのいわれ如何とならば、信心の行者には
天神・地祇も敬伏し、魔界外道も障碍することなし」


無碍の一道とはどのような世界なのかというと、
「そのいわれ如何とならば、
 信心の行者には天神・地祇も敬伏し」
天の、地のが敬って平伏するのです。

人間から頭を下げられるのも大変です。
旅館を出発するとき、旅館の職員が頭を下げますが、
あれは私に頭を下げているのではなく、お金に頭を下げているのです。

天の、地のが、嫌々ではなく、
敬って頭を下げるのですから大変なことです。

魔界外道も障碍することなし」
魔の世界の者や、外道の者も
念仏者を妨げることはできません。

ますます突き進まずにおなくなります。

この無碍の一道に出てこそ
人生を生きる意味があります。