仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

なるべく一人にならない

仏教を求める心がけとして
「なるべく一人にならない」
というものがあります。

 

浄土真宗を日本全国に広められた蓮如上人は、
「同行・善知識にはよくよく近づくべし」
(御一代記聞書150)
と教えられています。

連れが大事、教えが大事ということです。

一人になっていいことはあまりありません。
みんなの見ているところでは善男子善女人の顔をしていても、
一人になると、何をし始めるか分からないのが私たちです。
を行じはじめることはほぼありません。
人に言えないようなを始めます。

ということは、一人になろうとし始めたら危険です。

「同行・善知識に近づけ」というのは、
「同行」とは、共に仏法を求める仲間のこと、
「善知識」とは、仏教の正しい先生のことです。

一人になりたいということは、
他の人に会いたくないのですが、
そこを近づくのが大事ということです。

みんな苦しい中頑張っているのを見て
頑張ろうという気になります。

つまり、仏縁の深い、燃えている方に近づき、
自らも燃やしてもらうということです。

 そして一緒に仏教講座に参詣して仏教を聞かせて頂く
ということです。