仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

どういきるとなぜいきるの関係

どういきるとなぜいきるの関係」は誤解が多いです。
阿弥陀仏の本願でいえば、
なぜ生きるが18願
どう生きるが19願にあたります。
なぜ生きるという生きる目的がなくては、
どう生きるという生きる手段、生き方は意味をなさなくなってしまいます。
『なぜ生きる』がなくてはならない、大前提です。

目的が分かったら、そこに向かっていくために、
『どう生きる』が大事になります。

真実と方便の関係です。
18願と19、20願の関係です。
どっちも大事です。
18願が大事だから19、20願が絶対に大事。
要門です。

どう生きるを疎かにするのは、仏教の教えを曲げることになります。
どっちかだけでいい
「お金ありませんから仏教講座に行けません」
とか当たり前です。

そういう非常識によって、信頼関係を失ってご縁を失う。
本当に残念です。

子供はいれば、親は面倒を見ざるを得ない。
それが自利利他です。
よく分からない時に、じいちゃん、ばあちゃんがいます。
親は子育てにこまったら、経験しているじいちゃんばあちゃん、
近所の友達に聞けばいいのです。
それが、自分の判断で子供を殺してしまいます。

初期からずっと言えることで、不安を与えないことです。
掃除もします。

本当はどうあるべきか、正常な感覚を磨きましょう。
それを仏教が初めての人に示すのが大事です。