仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

信心決定したら聞く必要はない?

人工信心は、頂いた後は、聞く気がなくなります。

信心決定するまでは、火の中かきわけても聞きたいとは思えません。
しかし信心決定したならば、火の中かきわけても聞きたくなるのです。
もっと聞きたい。

昔、三代市という妙好人
姑に反対されながらも仏法を聞き抜きました。
それからもへ聞きに行こうとする三代市に
姑がこういう歌を歌いました。

危ぶみのないならないで 参りとぼとぼせずに 家で働け

それへの返歌がこれです。

危ぶみのなき身にして下されたご恩思えば家におられず

親鸞聖人が法然上人との別れを悲しまれたのは、
上人からもう聞かせて頂けないことを悲しまれているんです。

また、流刑から京都へ戻られる時のお言葉も、
また上人からお聞かせ頂けるのだ、と言われています。
聞かせていただけるのが嬉しい。

親鸞聖人のお歌にもあります。
「♪帰洛の旅の身の軽さ」
小躍りされるお姿がわかります。
また上人にお会いできる、聞かせて頂ける。
救われた後、聞きたい聞きたいの気持ちをもっておられたのです。

信心決定したなら、阿弥陀如来の本願が初事初事と聞こえます。
余計に聞きたくなります。
余計に心をかけずにおれなくなります。