仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

恋人達はとても楽しそうに。

昨日のマイケルジョーダンもそうだけど、
浜崎あゆみのappearsという歌。
「恋人達はとても楽しそうに手を繋いで歩いているけれど」
というせりふがあるんだって。

把握している人いますか?
『♪恋人達はとても幸せそうに、手を繋いで歩いているけれど、
まるですべてがうまくいっているかのように、見えるけど』
「見えるよちくしょう」

だけど本当は二人しか知らないトラブルがあるとか。
お互い手を繋いで携帯電話で、
お互い男女と話をしています。

全然好きでも何でもなければ振り回される必要もないんだけど
大事な人がいたらいたで面倒くさいと。

やっぱり有無同然です。

はたまた、学校の成績があまり宜しくないという人は、
これが自分の心配不安のタネだと思います。
ところが、その成績を思いっきりよくなるように上げてみると
「お前やればできるじゃないか、もっとがんばれ」

実力以上の期待をされてもっと苦しくなるという人があります。
また一旦いい成績を取ると
いい成績をとり続けなければならないということに
大変なストレスを感じる人がある。

となるとお金があったら、恋人があったら、いい成績がとれれば。
有無同然なので、
ない人はない人で心配や不安になるけどあればあったで心配や不安になる。

結局心配や不安に変わりはないということを表す言葉が有無同然です。
そうしてみるとマイケルジョーダンが、
非凡な才能を持ちながら平凡を持ちたいという。

沢山のお金を持ちながら少しも満たされない、
どこか幸福の行方の話と重なってじゃあ一体何をどうしたら幸せになれるのか。
何が手に入ったら幸せになれるのか考えずにおれなくなっちゃう。

有無同然という言葉は出典を調べてみると世界最高の偉人といわれている
ブッダが古い仏教の経典に教えられたお言葉で
無量寿経というお経に出てくる言葉であるらしい。