仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

龍樹菩薩とは

龍樹菩薩とはどんな方でしょうか?

ブッダの亡くなられた後、700年後にインドに現れられた方です。
この方によって大乗仏教が大成され本当の仏教を知ることができます。

この方沢山の著作がありますが、その中の主著が十住毘婆娑論です。

この中に阿弥陀如来の本願まことを教えられております。
この中に易行品というところに、弥陀の本願が説かれています。

その中の易行品は、浄土真宗のお聖教となっています。
これを引用しておられますね。
親鸞聖人の正信偈には、龍樹菩薩の所、十住毘婆娑論の御文を引用して
弥陀の本願まことを私たちに教えて下さっています。

この龍樹菩薩は八宗の祖師といわれ、あらゆる宗派の祖師と言われます。
どの宗派の人、大乗仏教の者達ならみんな尊敬します。
日蓮宗でも尊敬しています。

どの宗派の人でも龍樹菩薩をけなす人はありません。
その龍樹菩薩の本意、本当の御心は弥陀の本願一つです。
その弥陀の本願が十住毘婆娑論に説かれています。
最後は殉教されています。

仏法を伝えるのに命を懸けられ、命を散らされているということです。