仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

仏教の目的

仏教の目的は何ですかと聞かれたら
一言で抜苦与楽です。
これが仏法を聞く目的です。
抜苦とは苦しみを抜く、与楽とは楽しみを与える。

この苦は人類苦悩の根元です。
苦悩の根元である心の闇です。
これが苦ですね。
心の闇。

後生暗い心です。
疑情ともいいます。
心の闇がぬかれる、後生暗い心が晴れ渡る。
仏教というのは、この煩悩を喜ばせるような、
肉体を喜ばせるような程度の低いものではない。

人類苦悩の根元を抜き取って未来永遠明るくするのが仏教。
世間の宗教煩悩を喜ばせるものばかりです。
相対の幸福。

そんな相対の幸福では本当の幸せにはなれない。

苦悩の根元を抜き取る。
『大無量寿経』では「生死勤苦の本」といわれています。

阿弥陀如来のお言葉です。
「諸の生死勤苦の本を抜かしめたまえ」
とおっしゃいます。

苦悩の根元です。
心の闇をぶち破ってみせる。
もろもろの生死勤苦の本を抜いてみせるとおっしゃるんですね。

心の闇を破って信楽の身に生まれさせてみせる。
これが阿弥陀如来の本願です。
これが仏法の目的なんだぞということです。