仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

東本願寺って何?

浄土真宗東本願寺といわれている真宗大谷派は、
なぜか死後の世界を認めません。
浄土真宗なのに死後浄土も説きません。
親鸞聖人の救いは、この世だけと言っています。

実際、死んで行くときは死んだらどうなる が大問題になります。

いよいよ死が近づいてきたとき
「今度生まれてきたら一生懸命生きますから、
 どうか助けてください!」
と叫んだ作家はあります。

今生が有限となって、初めて、今生何をなすべきか、
ということが出てくるのです。
さっきのなら一週間後にポーンとくるんですが、
私達はいつ最期の瞬間がくるかわかりません。
今日来るかも知れません。
そういう意味では非常に差し迫った問題なのです。

「現世の救いのみ」
なんて言ってる彼らは、
仏教のイロハさえも知らない
と言ってもいいんです。

親鸞聖人の
「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」
のお歌、
歴史的に知られているものです。
それを彼らも知ってるはずなんです。
死んだらどうなるに驚かれて仏法求められ、
解決されたのが親鸞聖人じゃないですか。
そこが全くわかっていません。

死後浄土を認めないので、
浄土真宗とはいえないのです。