仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

阿弥陀如来はなぜ諸仏の王なのか

阿弥陀如来は、本師本仏です。

それはなぜか、阿弥陀経にも説かれています。

阿弥陀には二義あります。
一つには、光明無量、阿弥陀バハ。
二つには、寿命無量、阿弥陀ユス、と言われます。
これは阿弥陀経の名義(みょうぎ)段です。

ちなみに、阿弥陀経の内、真実が説かれているところが二つあります。
名義段と、六方証誠段です。

その名義段に何が教えられているか。
正報荘厳とある。
正報と依報の二つある。
依正二報。
正報は阿弥陀如来、依報は極楽浄土のことです。
まず依報荘厳で、
次に正報荘厳、阿弥陀仏のことが説かれています。
そこを名義段と言われます。

彼の仏の光明は無量にして、十方の国を照らすに障礙する所無し、
是の故に号して阿弥陀と為す。阿弥陀経

これが光明無量です。

彼の仏の寿命、及び其の人民も、無量無辺阿僧祇劫なり、
故に阿弥陀と名く。阿弥陀経

これが寿命無量です。

これが阿弥陀と言う意味です。
アーミータということで、
測ることができないということ。

中でも光明無量が、阿弥陀如来阿弥陀如来たる所以です。
この光明によってのみ、私たちの苦悩の根元をぶち破ってくださるのです。
他の仏には及ぶことのできないことだから、
十方諸仏がほめたたえておられます。