仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

大学は通過点

あるテレビ局で、大学生へのインタビュー企画
大学とは、あなたにとって何?
答えで一番多かったのは、「通過点」です。

受験生は、大学入学が生きる目的のように思っていますが、
確かに大学は「ゴール」ではありません。

確かにモラトリアムになったとしても、通過点は通過点です。

では、「通過点」とはいうものの、
大学を通過点として、最後は、どこに向かうのでしょうか?

将来の仕事のため、司法試験を受けて、弁護士になる。
医者になって、病苦に苦しむ人を救うぞ。
海外に留学し、世界を舞台に活躍するんだ。

色々な道はあります。

じゃあ、司法試験に合格し、
望みとおりの弁護士バッジ、それが人生のゴールでしょうか。

ゴールというのは、そこについたら
「ここまで頑張ってきてよかった」
と心から言えるものです。


理系の学部のある人は、いつもぼやいていました。
苦労して受験勉強したのはレポート書くためだったのか!

毎週鬼のように実験、レポートがあります。

考えてみると、今一生懸命レポート書いて、
単位をとっているのも、将来の仕事のためです。

会社に入れば今度は、ノルマの達成に汲々とします。

聞くところによると、全業務のうち、本当にやりたい仕事は
全体の0.5%というデータがあるようです。
やりたくもない仕事をするために、今一生懸命勉強してるとなったら、
虚しい気持ちも出てきます。虚無感におそわれる人もあります。

死ぬまでに何をすれば心から満足なのか、
というのが本当の生きる目的であり、生きる意味なのです。

それが仏教に教えられています。