仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

パスカルあと1週間の命。

パスカルは、あと一週間の命になったら何をしますか?
それでもなさねばならぬことを一生かけてでもやるべきだと言っています。

後一週間の命になったらどうする?
ほとんどの人は、今までやる事ができなかったものをやりまくります。
今まで使わなかった貯金を全部おろす。
おろすものがない人はサラ金から借りる。
一度京都で遊びたかった。
そして祇園にいって芸者遊び。
そしてドンチャン騒ぎで2日すぎた。
二日酔いで水曜日。
ああ、やってよかった、と思えるか。
もう三日目か、そんなんでよかったといえるか。
言えるはずがないんです。
もう日曜日になったらどうなってしまうだろう。
大体遊ぼうと思っても遊べないですよ。

アドラー心理学を駆使して、2週間後にデートしましょう、と誘われても、
もう生きていないんだと思ったら、
何だ、自分は生きてはいないんだ、となってしまいます。

勉強してももう意味がありません。

買い物に行っても、服はもうみんな春物ばかりで、どう感じるか。
私にはどうせ春はないんだ、となるのです。

元気で生きているときは喜べるものでも、
あと1週間の命と余命宣告を受けると、
実際には何も喜べません。

そんなときでも、人間に生まれてよかったと喜べるものが、本当の生きる目的であり、それを果たすのが本当の生きる意味です。