仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

親鸞聖人の非僧非俗の一大宣言

親鸞聖人は、非僧非俗といわれています。

つまり、僧侶じないと言われる一方、
「俗じゃない」ともいわれています。

それは、国家権力の認める僧侶でもなければ、世間の仕事につく俗人でもない、
本当の僧である、ということです。

本当の僧といいますのは、
聖徳太子が17条憲法の中で
『篤く三宝を敬え、三宝とは仏法僧なり』
といわれた僧宝という僧にあたります。

三宝とはこの世に三つの宝がある、
仏宝
法宝
僧宝
です。

仏宝は仏様、
法宝は仏さまの教え、
そしてその仏の教えを正確にそのままで伝える僧が僧宝です。

そういう意味での僧でありまして、
この僧こそが本当の僧、本当の僧とは本当の仏法者これ即ち、
一切の権力に、媚びを売らず、どんな非難や迫害にも屈せず、
保身にキュウキュウせず、
ただ、ひたすら真実の仏法を明らかにする、
僧であるという親鸞聖人の声、
高らかなる誇りに満ちた一大宣言なのです。

この親鸞は、そんな仏とも法とも分かっとらん、
カケラもわかっちゃいない、
身の保全しか考えてない天皇に認定や剥奪されるような僧じゃないぞ、
そんな権力者に媚を打ったり、ご機嫌とったりするような僧じゃなく、
一切の身の保全にキュウキュウせず、
唯真実の仏教を明らかにするぞと宣言されたお言葉です。

よって我ら親鸞学徒も、この聖人の御跡をしたって、
権力者のご機嫌をとったり、
媚を売ったりもせず、
身の保身にきゅうきゅうとせず、
唯ひたすら真実の仏法を明らかにする僧とならせて頂きましょう。