仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

田辺哲学を学ぼうと思ったヨーロッパの若者

あるヨーロッパの若者が、田辺哲学を学びたいと思ったそうです。

でも、田辺哲学を極めるには土台が教行信証だから
教行信証を読まないとわかりません。
教行信証を読みたい。

では教行信証は誰の本かというと親鸞聖人です。
親鸞聖人は浄土真宗の開祖です。
では教行信証を読み、親鸞聖人の哲学を学ぶにはどうしたらいいのでしょうか。
教行信証を図書館で探したが母国語はなかった。
英語もなかった。
インターネットの探したら教行信証の英訳があったがわかりませんでした。

それはそうですよね。
日本人が読んでも漢文だからわからないものです。

漢文の教行信証、英訳誰がしたかわからないが読んでもわかりません。

それで彼は決意した。よし、教行信証をマスターすれば
人間に生まれてきた意味がわかるんでないか。
生きる意味がわかるのではないか。

それで16歳から19歳で、教行信証が読めるように日本語を徹底的に勉強したそうです。
しかも教行信証は漢文ですから漢文がよめるように
日本語と中国語を両方勉強しました。

三年間で中国語と日本語がペラペラになって日本にきたそうです。
私は日本語上手だねというと
僕はまだ日本語はまだ上手ではありませんと言います。

それを答えられる時点で上手だと思いますが、
実は日本語よりも中国語のほうが得意なんですといいます。

これより中国語できるんかとおもったが文法が母国語に似ている。
日本語よりも中国語のほうが勉強しやすいんですよといっていた。

そういうことで日本語で教行信証よめる力を身につけて
日本で教行信証を教えてもらおうとおもってきたそうです。

ところが、教行信証を教えてくれる人が誰もいなかったそうです。

それなら、こちらの浄土真宗のサイトのほうがずっと分かります。