仏教研究室

仏教を研究しています。

仏凡一体の信心獲得の行者

一念帰命の信心をおこせばまことに宿善の開発に催されて、

仏智より他力の信心をあたえたまうが故に、

仏心と凡心とひとつになるところをさして、信心獲得の行者とはいうなり。

(御文章)

一念帰命の信心。

一念というのはアッという間もない時間の極まり。

帰命とはたのむ、ということ。

帰命というのは信順無疑。

弥陀の呼び声に「はい」としたがったとき、そして疑いが無くなったとき。

親鸞聖人、帰命とは弥陀の招喚の呼び声である、といわれている。

「帰命」は本願招喚の勅命なり。

教行信証

本願とは阿弥陀仏の本願。招喚とは招き呼ぶ。

「そのまま来なさい」、という勅命、命令である。

「われにまかせよ、そのまま来い」、そういう勅命。
親鸞聖人、帰命という言葉をそのようにあじあわれた。

そして一念で其の呼び声をきく、一念帰命。

本願招喚の勅命に「はい」としたがって疑いなくなったとき、一念帰命。

そのとき南无阿弥陀仏が私のものになりますから、一念帰命の信心という。

 

人間同士は一体になれない。

とことん分かり合うと謂うことは人間にはできない。

マラソンの高橋選手と監督。

コーチを全面的に信頼している。

どれだけ深い信頼があっても、夫婦の愛情があっても一体とはいえない。

お互いの心が変わってしまう場合もある。

仏凡一体というのは全く仏の心と私の心が一つになる。

もうはなれない。

これを仏凡一体という。それはまことに宿善の開発にもよおされること。

宿善があって初めでできること。

宿善、阿弥陀仏との御縁。

深い深い因縁がなければできないこと。

仏心と凡心がひとつになる。そういう人を信心獲得の行者という。