仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

恩について

本日はお盆の中日です。

親孝行してますか?
お盆をご縁に、恩について考えてみましょう。

仏教では、人間の価値は何できまるのか。
どんな人が素晴らしい人といわれるか。
それは、受けたご恩を知り、感じ、報いようという心が強い人。
「恩に感ぜざるものは、畜生に劣る」
といわれるように、
「忘恩背恩逆恩」
であってはなりません。

「恩をあり難く感謝する者は成功し、
恩を当然と流すものは、信用を失い、
恩を仇で返すものは、身をほろぼすのである」

といわれています。

中村清監督のエピソードをみてみましょう。
朝鮮で生まれます。
いろいろな苦しみを紛らわすように、走り始めた少年時代。
走るのが好きであった彼は、どんどん力がつき、ついに東京大会へと。
しかし、生活難のため、あきらめようとしたとき、
担任の先生や、友達からのカンパにより、
東京へと出発。
その恩に感謝し、必死になって走りついに、優勝。
座右の銘
努力の原点は感謝である」であった。
それから、監督となる。
戦後の日本。
経済的に苦しい中、闇米で銀シャリを買い、選手たちに食べさせる。

そんなが、
「中村のところへ行けば、銀シャリが食べれる」
と広がっていきました。
中村監督は、銀シャリと牛肉を毎日選手たちに食べさせていました。
選手達は、「もうこれ以上いただけません。
このご恩は走って走って記録を出すしかない」と走った。
また駅伝の前のインタビューである選手がいった。
「私は絶対に優勝しようとは思いません。
しかし、今まで育ててくださった監督のご恩。
両親のご恩にどうしたら報いられるか、その気持ちはだれにも負けません」と。
そういう選手たちが次から次へと記録を出していった。
努力の原点は感謝である」

ご恩に報いようとしている人、素晴らしい。
しかし、ご恩に報いようと一生懸命走ったところで、得られるものは、優勝。
しかし、私たちは、なぜ生きるを知らされた幸せ者です。
本当の生きる目的

恩徳讃を知らされる身になることが本当の生きる意味です。

ある森に鳩と、フクロウがいたんだって

昔、昔、ある森に鳩と、フクロウがいたんだって。

ある日のこと、フクロウが浮かない顔をして、
長年住み慣れた森を離れて、遠くの方に飛んでいこうとしている。

それを見つけた鳩がいぶかしがって、

「ふくろうさん、どうしたの。どこへとんでいっちゃうの?」
こう聞くとフクロウは、
「いやぁ、もう僕のことを誰も知らない、どこか遠くへ飛んで生きたいんだ」
「ええ?どうして?」
鳩が尋ねると、
「どうやらみんな、僕のこと嫌ってるみたいな感じがしてさ。
だってほら、僕の声が悪いでしょ。
僕が何か喋ると、みんな顔をゆがめて嫌がる見たいなんだ。
だから、居場所がなかった〜♪なんか邪魔みたいで。
居ても居なくても一緒な感じがしてさ。
少なくてもあなたに歓迎されてないよな、こんな声だもの。
だからもう、そんな僕のことを誰も知らない、どこか遠くへ行くんだよ、」

すると、そこまで聞いた鳩が、クククと笑って、
「フクロウさん、それは無駄だよ、もしも誰も知らない遠くへ行っても、
あなたの声が変わらなければ、やっぱり嫌われちゃうよ。
結局声を変えなければどこへ行っても一緒だよ、
自分を変えれば場所を変えなくったって、
環境をかえなくったって、ガラッと世界は変わるんだよ」

私たちも、環境よりも自分の行いを反省しないといけないですね。

 

お盆に思うこと。

今年もお盆の期間に入りましたが、
すでに亡くなった人だけでなく、
今生きている人も、すべての人は100%死にます。

確実な未来が死ですが、
死んだらどうなるか、ハッキリしません。

死んだら何もなくなるとか、あるとか、
ハッキリすれば落ち着きますが、
冥福とか、慰霊祭という例からわかるように、
行き先ハッキリしなくて不安なのです。

停電になると一歩歩くだけでも大変です。
未来ハッキリせず進むのは、真暗な中進むこと。

科学が進歩しても不安はかわらない。
今も昔も後生くらい心はかわらない。

墜落する飛行機に乗りこんでいるようなものです。
その中で、何をしたら、何を食べたら・・・
やがて落ちてゆく飛行機の中で、どんな時間を過ごせば快適で楽しいか、
そんなことばかり考えている人はおかしな人です。

では、飛ぶことを、生きる事に戻してみると、
100%死ぬ人生で、どういう過ごし方をしたら楽しいか、
死ぬまでどう生きたら、生き方しか考えていない。
君たちはどう生きるかがベストセラーになっています。

これは大変なおかしなことです。

100%確実な行き先をハッキリさせることこそが、
最も重要な大問題なのです。

昇進サバイバル

生きる事はたいへんなこと。
ただ生きるのもたいへんだが、
よりよく生きようとすればより大変になります。

・・・一流大学、一流企業・・・昇進サバイバルです。

競争して苦労していくのだが、そのうち年を取っていきます。

物忘れがひどくなり、
最後は自分の名前を聞かれてもわからない、
という状態になるかもしれません。

がんばって一生懸命生きていったのに、
最後こんなことになるなら、
なぜこんなに苦労して生きていかねばならないのか。

禅宗僧侶、一休が
世の中の娘が嫁と花咲いて嬶としぼんで婆と散りゆく
と言った人生の道は、進むのも、苦労がともないます。

勉強して大学合格するにも、働いて金稼ぐにも、
苦労して頑張ってよりよくいきます。
その結果が死です。

ここになぜ生きるか、という問いかけが出てきます。
何のために生きるのか、という生きる意味です。

 

死後は無になる?不変の魂が続く?

仏教は後生を否定する「断見外道」でも、
後生変わらぬ魂が存在するという「常見外道」でもありません。

因果応報なるが故に来世なきに非ず、
無我なるが故に常有に非ず。
(阿含経)

こう教えておられますが、仏教は後生を否定する断見外道でもない。
仏教は後生を否定する断見外道、断見外道を否定されたお言葉が、
「因果の道理が間違いないから、来世はあるのだ」

常見外道を破られたお言葉が
「無我なるが故に常有あらず」
です。

これ聞くと、じゃあ死んだ後はあると思いますが、
もちろん死後の世界はありますが、
あなたの考えているような世界ではないんです。

私たちは死後はある、極楽はある、
阿弥陀如来は在すと、もちろん無の見より
は有の見の方が良いんですけど。

仏法を聞かされるとやっぱり地獄があるのかな、
極楽もあるのかな、
阿弥陀如来もおられるのかなと思いますが、
あなたの思っている地獄極楽阿弥陀如来は、
本当の地獄極楽阿弥陀如来ではない。

常見外道です、あなたが思っているような
地獄極楽阿弥陀如来ではない。
固定不変なものが存在する。
アートマン
固定不変なものはこの世には
何一つ存在しない。

一切のものは無我です。
固定不変なものは何一つありません。
諸法無我なるがゆえに。
常有に非ず。
固定不変なものは何一つないのだ。
生滅を繰り返しながら、続いていくのが阿頼耶識です。
だから点々であらわす。

しかし私たちは線でしか見えない。
暴流の如し、ダーッと流れる激しい滝、暴流。
物凄い勢いでダーッと流れています。
しかし私たちは錯覚を起こします。
どうしても常見外道、有の見でしか見れません。

固定不変のものがあるとしか思えない。
末那識が見てしまうんですね。
でも真実は生滅を繰り返しながら、物凄い勢いで流れている、
これが本当の私の実態です。

一切のものは無我ですから、
固定不変なものがあるという考え方も間違いですよ。
信心決定ということは有の見、無の見が悉くぶち破られた世界です。

共業と不共業

カルマとは業のことですが、一言言っておきますと
私たちの行いは共業と不共業に分けられます。
結婚する人は共業がないと結婚できません。

それに対して不共業があります。
こういう分類もありますね。
よくウマが合うとかいいますね。
あの人とは合わない。

合うのは共業があるから。
合わないのは不共業があるから。
私達、人と付き合う場合でも共業があれば気があいます。

趣味とかスポーツとか。
同じ趣味にすれば話が合いますね。
ところが私たちの行いはバラバラですから、
不共業が多いんです。
だから結婚してもぶつかることがたくさんあります。

親友でももう分からないところがあります。
孤独を感じます。
分かり合える部分と分かり合えないところ。
ウマが合う、合わない。
行いが違うから、あわないところが多いんです。

カルマ運命を生みだす。
カルマがみんな違うから性格も、
人それぞれ全部違うのだと教えられます。

自業自得は人生の目的を果たす根幹

私達愚痴一杯だから努力していかなければなりません。
常に聴聞しないと教えを常に聞かせていただかないとどうなるでしょうか。

私達は善果が来てもそれくらいの善果が来て当然だ、
当たり前だと思います。
当たり前の付け所を間違います。

これくらい来て、いいことやっているのだから、
人から親切されて当たり前、
だから全然感謝がありません。

人からお礼を言われて当たり前と、
こんなことでは善果は巡ってきません。

当たり前の付け所を間違ったら感謝の心がなくなり、不幸になります。
もっと善果が来て当然じゃないか、
当たり前と思ったり不平の心が出てきます。
感謝の心もなければ努力もしない。

人から親切をして貰っても当たりまえ。
これでは幸せはやって来ませんよ。
これを改めていかなければなりません。
悪果の時は人を恨むのではない、
全部、自分の種蒔きと懺悔していくのです。

私たちは悪果が来たら時は人を恨み世を呪っている。
人を恨み、呪いたくなります。
憎む心が出てきます。
これも自業自得の分からない心からでてくるんです。

この心が出てくるのは自業自得が全く分かっていないんです。
全部自分の蒔いた種蒔きです。
業に応じた結果ですよ。
蒔いた種に応じた結果しかあらわれてきませんから。

常に因果の道理を否定する心を反省して、
善果の時は感謝、悪果の時は 懺悔の心を持つようにしたら求道が進みます。

因果の道理は仏教の根幹ですが、人生の目的を果たす根幹です。
これを否定していたら絶対に進みませんから。
聖道仏教は19願の教え。
因果の道理で十方衆生の信心を統合され、
20願、18願へと進ませて頂くのですから。

これが仏教の根幹である因果の道理です。