仏教研究室

仏教を研究しています。

阿弥陀仏に救われたらどうなったか

親鸞聖人が教行信証信巻の中のお言葉。

真に知んぬ。弥勒大士は、等覚の金剛心を窮むるが故に、
龍華三会の暁、当に無上覚位を極むべし。
念仏の衆生は、横超の金剛心を窮むるが故に、
臨終一念の夕、大般涅槃を超証す。教行信証


阿弥陀仏の願いはどんな願いか、そしてその願いを、

私達の上にどのように満たして下されるのか、

という事について、
親鸞聖人が、御自身の体験から教行信証信巻に書かれたもの。
これは横超大益という表題の付け方がある。

横とは、他力。
超とは、一念で、高飛びさせる事だぞ。
それによって、阿弥陀仏の本願を果たさせる願力によって、
阿弥陀仏のお力によって、一念で、高飛びさせてもらって、
しかも、弥勒お先御免、と弥陀同体の悟りを開く。

そういう願いを、私達衆生の上に満たして下される願いを、
教えて下さっている。

 

true-buddhism.com