仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

死んだらどうなるかの問題の大きさ

後生の一大事というのは、
死んだらどうなるかの一大事です。

私がいろいろな人の書物を読んでいるのは、
日本は小さい国と言いながら、
立派な方が沢山おられると思うのです。

後生の一大事を解決する、
より近い道を教えておられる大徳があるならば、
それを学び、あなたにお伝えしようと思っているからです。
メンツの問題ではないのです。

後生の一大事の問題の大きさは、
浄土真宗なら本願寺とか親鸞会とか、
そんな小さな問題と違うのです。

マイホームの200や300とは比較にならないのです。
ですから私はブッダの教えられた通り、
一刻も早く本当の幸せになって頂くには、
どうお伝えすればよいか、これ以外に考えること、
悩むことはないのです。

外はこれと比較したならば、ささいな事です。
私はあなたに本当の仏教の教えをお伝えしなければならない。
全人類にわかってもらわねばならない。
そのために全力を尽くしています。
そのための本部会館建立です」

後生の一大事という事を心に掛けて、
仏教講座に足を運ぶときも、
遠くて遠い人になっては、なりませんね。
その心がけを正さなければなりません。

仏教講座に行かない人も、
行く人にも行かない人にも同じように
後生の一大事があります。


0か100かではなくて、
仏教講座には届かなくても、
お金や時間や体力など自分の精一杯を
一座に投入しなければなりません。

それには、この後生の一大事を
よくよく心にかけなければなりません。

そういう、仏教講座に参詣する人もしない人も
後生の一大事に変わりはありませんので
目的を確認して臨んでもらいたいと思います。