仏教研究室

お釈迦さまってすごいですよね。一緒に仏教を学びませんか?

人生が無駄どころか有害になるのはどんなとき?

『七つの習慣』というビジネス書のベストセラー本の中には、
こんな譬えがあります。

あるビルがあって、そのビルに登っていくときに、
はしごを掛けて登っていくとき、
ちゃんと目的のビルにかければ、登り着いた満足もありましょう。

ところが、間違ったビルに掛けてしまうと、
登ってゆく苦労も時間もみんな無駄になってしまいます。
目的を間違ったら、その努力はみんな無駄に終わってしまうのだ。

虚無感におちいります。

私たちの人生も同じです。
私たちの人生の目的は何なのか。
何のために生まれて来たのか。

存在意義(レゾンデートル)は何なのか。

その目的が分からないと、
生きて行く苦労も時間もみんな無駄になってしまいます。
ましてや目的が間違っていたら、
無駄どころか有害になってしまいます。

何のために生まれて来たのか、
何のために生きるのかという
本当の生きる目的をハッキリさせてこそ、
生きる意味があるのです。