仏教研究室

仏教を研究しています。

日本の仏教はなぜ宗派が多いのか

釈尊は七千余巻の一切経を説かれた。

その中で、どれがお釈迦様の本心なのか、ということが昔から分からなかった。

あまりに多すぎて。
それで、ある人は華厳経がお釈迦様の出世本懐経だろう、と思った。

有名な経典七つ。華厳経阿含経、方等経、般若経

(この中に最も大事な経典だとして、般若心経がある)、

法華経、大無量寿経、涅槃経。

華厳経は大変難しい。

一番初めに説かれたもの。

ほとんどの人が仏教を知らないときに、

お釈迦様がそれらの人に仏法は実に深い教えなんだ、

ということを知らせるために説かれた。

仏の自内証が説かれている。仏様が悟られたそのままの内容。

それをそのままレベルを落とさずに説かれたから難しい。

阿含経は易しい。幼稚園。

阿含経が真実の経だと思っている人は阿含宗
方等経は小学校。
般若経は中学校。
法華経は高等学校。
しかし、高校で終わりでない。

最高学府は大学。

これは大無量寿経

ここへ導く。これがお釈迦様の本心。
そして、その仏法を正しく伝えなさいよ、

というお釈迦様の御遺言が涅槃経。

このように沢山のお経があるので、

どれがお釈迦様の本心を説かれたものか。
ほとんどの人は誤解している。

親鸞聖人は「それ真実の教を顕さばすなわち大無量寿経これなり」

と仰有っている。
初めからでない。
初め法華経の教えをされて、これではなかった、と言われている。
無量寿経が真実。他は、真実に近づけるための方便。
他の宗派は方便の教えを真実だと思っている人たち。
その真実を明らかにされることは、実は大変なこと。

だから、どれでもいい、仏様みんな一緒だろう、というのは間違い。

 

true-buddhism.com